tsucchiのチラ裏

どうでもいい話を書きます

並行世界に思いを馳せる

僕がミルキィホームズに出会ったのは、本当に偶然で、あんまりテレビを見る習慣もないのに偶然テレビをつけていて、しかもなぜか(ごくたまに見る程度の)東京MXをつけていたらそこで放映されていたのが、ミルキィ1期の1話2話の再放送だった、というすごいミラ…

設定の話

ダルビッシュ選手が、「トレーニングをろくにしないせいで大した選手になれず40代を迎え、そのことを激しく後悔し、神様にお願いして20歳若返らせてもらった」という設定で生きているらしい、というのがちょっと話題でしたが、僕は「2012年に世界に絶望し、…

そこで踏み込んでくれたら、もしかしたら僕は助かっていたのかもしれない。だけど現実はそうではなかった。そうして僕は少しずつ壊れていくのだ。(という文章を何となく思いついた)

近況?

なんか良くわからないのだけど、僕だけが健康で悩みもなくて、だから無限に痛めつけても構わない、みたいなそんな感じになっているのではないか。こちらも精神その他諸々壊れていて、少し前まではミルキィホームズがなかったら生きていけないくらいに、ぶっ…

手段を選ばない、ということ

一応自分なりにプレースタイルとか行動規範とか美学みたいなものがあって、基本的にはそれに従って生きている。けれども、やばいくらいに追い込まれた時は手段を選ばず、美学やら何やら全部投げ捨てて行動している気がする。こういう場合、普段のプレースタ…

近況

ミルキィホームズがあったほうが人生は豊かで、ミルキィホームズは最高だけれども、あれは生命維持装置ではないし、なくても生きていけるような気がする、と思える程度には回復したらしい。

並行世界の話

SMAP解散を阻止するために木村さんがタイムリープしているのではないか、というネタがあるけれども、並行世界の僕はミルキィホームズと出会っているのだろうか、あるいは出会っていないとしたらどうなっているのだろうか?SMAPのネタ世界では、草彅さんは何…

無題

ひとをぶっ壊しといて、「変わってしまった」と言ってもそんなの当たり前でしょ、という感想しかない。

休みたい

生活はかなり改善されて人権が回復した感あるのだけれど、休日がないのがつらい。そろそろゆっくりしたい

無題

結局お金の話ばかりで、お金は大事なのは分かるけど、それだけっていうのはやっぱり悲しい

近況

これ以上消耗するわけにはいかない。撤退戦はこれからなのだが、消耗がひどいので、まずはそれを是正しないといけない、と思いその解消を行った。というか、こんな無茶なスケジュールでやることになるとは思えなかった。毎日睡眠時間を削ってあれこれやって…

近況?

家に帰るのは寝るためで、生きているのはミルキィとミルキィさんを見るためみたいになっていて、こういうの良くないから是正しないといけない

撤退戦がはじまる

T/O※このお話はフィクションです

そして希望なくなった

相手が異常者である時点で、交渉の余地など全くない、ということにもっと早く気づくべきであった。こちらの話はすべて反古にされ、自分の主張を繰り返し、こちらが何か言えばを罵倒する、それが異常者で無いとしたら何なのか、僕には分からない。これまで第…

如何にして私が探偵さんの世界に引き込まれたか、という話

いつものとおり、くだらない話を書こうと思う。*1*2如何にして、僕が「探偵オペラ ミルキィホームズ」に嵌って行ったか、という記録である。 暇なので、テレビをつけたら、偶然(本当に)1期1話の再放送だった 萌えアニメ。。。か? @OP トイズ、熱いな(開始5…

まどか☆マギカの映画をみてきた

例によって、あんまり人が見てなさそうな場所に書きたい気分なので、ここに書く。前編を先週みてきて、今日は後編を見てきた。前編の引換券を忘れたため、特典のフィルムコマ貰い損ねた orz。まあべつに僕はこの作品が熱狂的に好きなわけではないので、そん…

てーきゅう

なんとなく、誰も見てなさそうなところに書いときたいので、ここに書こう。てーきゅうがクソ面白い。 みもりんが ピンクで 本業そっちのけでアホやってる テンポが超速いカオスアニメ って、なんか僕の大好きな某アニメを彷彿とさせるんですよね。

電気屋さんに行った話

ひさびさに都会に出た。ヤマダとビックに行ってきて、PC関連を中心に何となく眺めていた。どうやら僕が今欲しいのは、 スマートフォン用の bluetooth キーボード 新しいPC。Mac がいいなー。 HDD or SSD(HDDが壊れた実家のPCを近々もらう予定のため) あたり…

風邪ひいたっぽい

風邪なのか、食あたりなのか良く分からないけど、なんかそんな感じ。頭痛いし、夜中はちょっと熱があった。なので自宅療養中なのです。